PR

ニュース 社会

笑顔絶やさぬスナックママ、豪雨で犠牲に…熊本・人吉の平田千恵美さん

昨日の大雨から一夜明け、轍ができた道路では周辺の商店などの復旧作業が行われていた=8日午前8時49分、熊本県人吉市(鳥越瑞絵撮影)
昨日の大雨から一夜明け、轍ができた道路では周辺の商店などの復旧作業が行われていた=8日午前8時49分、熊本県人吉市(鳥越瑞絵撮影)

 熊本県南部を襲った記録的豪雨で犠牲になった同県人吉市紺屋町の平田千恵美さん(57)は、市内で「スナックちえみ」を経営していた。一人で店を切り盛りし、人懐っこい性格から、店には笑顔があふれていたという。

 スナックの隣で居酒屋を経営する藤田千代美さん(58)によると、平田さんがスナックを開いたのは約15年前。平田さんとは出身高校が同じだったことから初対面から意気投合し、顔を合わせれば近況を報告し合う仲だった。「まじめな頑張り屋さんで、妹のように思っていた。言葉にならない」と肩を落とす。

 店でお客さんと一緒に楽しそうに酒を飲んだり、常連客や地元の人を集めてボウリングに行ったり。周囲は常ににぎやかで、笑い声が絶えなかった。藤田さんは「地元の頼れるお母さんのような存在で、みんなから愛されていた」と話す。

 今春、新型コロナウイルスの影響で客足が遠のいた中でも、「また元に戻るといいね」と笑顔で励ましてくれた。藤田さんの居酒屋も浸水被害を受けており、「千恵美さんがいてくれたら、これからも支え合って店を続けていこうと思えたけど、もういない。今は何も考えられない」とつぶやいた。(木下未希)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ