PR

ニュース 社会

飛騨川氾濫、住民「こんな雨初めて、怖い」

大雨により増水した飛騨川=8日午前7時28分、岐阜県下呂市
大雨により増水した飛騨川=8日午前7時28分、岐阜県下呂市

 活発な梅雨前線による豪雨で、岐阜県の山間部にある下呂市では8日、飛騨川が氾濫し、複数の土砂崩れが発生した。住民は「こんなに雨が降るのは初めてで怖い」と不安を漏らした。市の担当者らは被害の確認に追われた。

 下呂市役所から車で30分ほどの馬瀬地区は、外部へつながる多くの道路が土砂崩れなどで通行止めになり、一時約400世帯が孤立状態に。建設会社役員、小林学さん(60)は「ザーッという大きな雨音で夜中に何度も目が覚めた」と話した。自宅の窓から見える川は濁った水の流れが強く、橋が流されそうだという。

 市によると、市内では少なくとも7カ所で土砂崩れが発生。地域の振興事務所を通じて住民の安否などを確認している。道路が寸断され近づけない現場もあるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ