PR

ニュース 社会

関西の鉄道、大雨影響で運転見合わせ相次ぐ

崩れてJRの線路に流入した足場=8日午前9時20分、大阪府柏原市(彦野公太朗撮影)
崩れてJRの線路に流入した足場=8日午前9時20分、大阪府柏原市(彦野公太朗撮影)

 関西地方では8日朝、大雨の影響により、各地で電車の運転見合わせが相次いだ。

 JR西日本は、関西線や北陸線、福知山線など一部の線や区間について始発から運転を見合わせた。能勢電鉄では、始発から全線の運転を見合わせており、安全が確認され次第、運転を開始するという。

 阪急では、神戸線と宝塚線の一部区間で運転を見合わせていたが、午前7時35分ごろまでに運転を再開した。

 南海では、加太線磯ノ浦-加太間で午前5時25分ごろ、線路上で倒木が見つかり一時運転を見合わせたが、撤去作業を行い、約55分後に運転を再開した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ