PR

ニュース 社会

前線停滞、災害警戒続く 九州3県の特別警報維持

福岡市の繁華街・天神の交差点で、傘を差して歩く人たち=7日午前
福岡市の繁華街・天神の交差点で、傘を差して歩く人たち=7日午前

 停滞する梅雨前線の影響で九州北部を中心に猛烈な雨が降って土砂災害の危険度が極めて高まっているとして気象庁は7日、福岡、佐賀、長崎3県の一部自治体への大雨特別警報を維持し、最大級の警戒を呼び掛けた。西日本から東北にかけても8日にかけて非常に激しい雨が降る見通し。

 同庁によると、東シナ海から対馬海峡を通って東北に延びる梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が安定せず、前線活動が活発化している。7日は熊本県南小国町で1時間に82・0ミリ、大分県日田市で80・5ミリの猛烈な雨を観測。24時間降水量は大分県日田市で490ミリ、福岡県大牟田市で440ミリ、熊本県山鹿市で410ミリ、長崎市で390ミリを超えた。

 8日午前6時までの24時間予想雨量はいずれも多い地域で九州北部250ミリ、四国、中国、東海200ミリ、九州南部、関東甲信180ミリ、近畿、北陸150ミリ、東北100ミリ。その後も降り続ける見通し。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ