PR

ニュース 社会

【熊本豪雨】球磨川の浸水1060ヘクタール 国交省調査

 増水した球磨川=5日午前6時52分、熊本県人吉市
 増水した球磨川=5日午前6時52分、熊本県人吉市

 国土交通省は5日、熊本県南部を襲った豪雨の影響で一時、球磨川流域の少なくとも1060ヘクタールが浸水したと明らかにした。上空から目視で調査した。水が引いたほか、排水作業もあり、5日時点で、おおむね解消したという。

 球磨川流域では水が堤防を越えたり、堤防が決壊したりした結果、市街地や農地など広範囲が水に漬かった。国交省は決壊箇所の緊急工事を急ぎ、今後の雨に備える。

 鉄道施設は3カ所の橋が流されたほか、土砂が流入した線路も。浸水被害を受けた駅もあった。

 5日夕までに確認した土砂災害は熊本県30件、鹿児島県6件。

 このほか、避難所での新型コロナウイルス感染拡大防止策として、熊本県の要請に基づき、600~千人程度の被災者をホテルや旅館で受け入れる方向で調整していることも明らかにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ