PR

ニュース 社会

常習賭博疑い経営者ら逮捕 名古屋・栄

 愛知県警中村署などは5日、常習賭博の疑いで名古屋市中区栄4丁目の賭博店「アヴェンタ」の経営者、山田高志容疑者(43)=同県一宮市森本=と、従業員、若柳優樹容疑者(46)=名古屋市北区金城町=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は4日午後11時45分ごろ、店内で客を相手にパソコンを使ったバカラ賭博や、スロット台を使った賭博をした疑い。店内にいた25~43歳の男性客4人も賭博容疑で現行犯逮捕した。山田容疑者は容疑を認めているが、若柳容疑者は「客として店にいただけだ」と否認している。

 中村署などは4日深夜から5日未明にかけて店を捜索し、スロット台19台とパソコン4台、現金約126万円などを押収。売り上げの一部が暴力団に流れた可能性があるとみて調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ