PR

ニュース 社会

稲田検事総長勇退へ 来月下旬、後任に林検事長

左から、稲田伸夫検事総長、林真琴東京高検検事長
左から、稲田伸夫検事総長、林真琴東京高検検事長

 稲田伸夫検事総長(63)が7月下旬に勇退する意向であることが30日、関係者への取材で分かった。後任には、東京高検の林真琴検事長(62)が就く見通し。検事総長の任期は慣例で2年前後だが、稲田氏は就任から来月で丸2年を迎える。検察庁法では検察官の定年を検事総長が65歳、それ以外は63歳と規定しており、来月末に63歳となる林氏に後任を譲ることを決意したとみられる。

 稲田氏は昭和56年に検事任官。法務省刑事局長、法務事務次官などを歴任し、平成30年7月から検事総長。林氏は昭和58年に検事任官。同省で人事課長や刑事局長など要職を歴任した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ