PR

ニュース 社会

クレーン車事故で実況見分 旋回速度に問題か、大阪

解体作業中に倒れ、民家を直撃したクレーン車=26日午後6時24分、大阪府高槻市(本社ヘリから、須谷友郁撮影)
解体作業中に倒れ、民家を直撃したクレーン車=26日午後6時24分、大阪府高槻市(本社ヘリから、須谷友郁撮影)

 大阪府高槻市の工事現場でクレーン車が倒れ、アームが近くの住宅を直撃し女児(1)が軽傷を負った事故で、高槻署は27日、現場を実況見分した。署は、地中に埋まった鉄のくいを抜く作業中にクレーン車がバランスを崩したとみており、業務上過失傷害容疑を視野に入れ、当時の状況や詳しい事故原因を調べる。

 工事関係者は報道陣に「作業中に旋回する際に動くスピードが速かったのではないか」と説明している。

 事故は26日午後5時5分ごろ発生。高槻市南松原町の葬儀場の解体作業現場でクレーン車が倒れ、道路を挟んで隣接する木造2階建て住宅にアームがぶつかった。署によると、アームは住居部分にめり込んだ。直後に住宅から出火したが、午後7時前に消し止められた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ