PR

ニュース 社会

丸刈りで謝罪 広島・安芸高田市長、続投表明

記者会見する広島県安芸高田市の児玉浩市長=26日午後
記者会見する広島県安芸高田市の児玉浩市長=26日午後

 前法相の衆院議員、河井克行容疑者(57)と妻の参院議員、案里容疑者(46)による買収事件で、広島県議時代に克行前法相から2回にわたり計60万円を受け取った安芸高田市の児玉浩市長(57)が26日に市役所で記者会見し、謝罪した上で市長を続ける意向を示した。「ご迷惑をお掛けし、深くおわびする」と陳謝し、反省の意味を込め、頭を丸刈りにして現れた。

 児玉氏によると、1度目は昨年3月下旬の県議選当選直後、当選祝いの趣旨で渡され、自身の後援会の口座に入金した。2度目は5月末の地元行事の際、駐車場の車内で封筒を差し出され、押し問答の末に受け取った。買収行為と感じ、数回に分けて返金した。

 児玉氏は「市政課題が残っている」と続投を表明したが、「後援会や市民の意見、司法の判断を待ちたい」とも述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ