PR

ニュース 社会

マスク300枚窃盗容疑 67歳男を逮捕 大阪

防犯カメラに写っていた医薬品販売店からマスクなどを盗み出す森迫雄爾容疑者(大阪府警提供)
防犯カメラに写っていた医薬品販売店からマスクなどを盗み出す森迫雄爾容疑者(大阪府警提供)

 医薬品販売店からマスクなどを盗んだとして、大阪府警捜査3課は26日、窃盗容疑などで、大阪市西成区萩之茶屋、無職、森迫雄爾容疑者(67)を逮捕したと発表した。同課は25日に森迫容疑者の自宅を家宅捜索したが、マスクは発見されず、転売した可能性もあるとみて調べている。

 同課によると、現場周辺の防犯カメラには、帽子をかぶったマスク姿の男が大量の医薬品を店外に持ち出す姿が写っていた。男は近くのコンビニでゴミ袋を購入した後、再び店に侵入するなどしており、カメラ映像から森迫容疑者の関与が浮上したという。

 逮捕容疑は4月20日夜から21日朝、同区の医薬品販売店に侵入し、レジにあった現金約15万円と1箱30枚入りのマスク約10箱など106点(約30万円相当)を盗んだとしている。「よく覚えていない」と容疑を否認しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ