PR

ニュース 社会

共犯の組員も殺人未遂などの容疑で逮捕 岡山の発砲

 岡山市北区で特定抗争指定暴力団神戸山口組系池田組の幹部(58)=愛媛県四国中央市=が銃撃され負傷した事件で、岡山県警は23日、殺人未遂と銃刀法違反の疑いで特定抗争指定暴力団山口組系大同会幹部、岸本晃生容疑者(52)=住所不定=を再逮捕、同組組員の山根正樹容疑者(35)=鳥取県米子市=を逮捕した。県警は神戸山口組と山口組の対立抗争とみて背景を調べている。

 2人の逮捕容疑は5月30日午後2時35分ごろ、岡山市北区の池田組に隣接する駐車場で、幹部と池田組組員(42)の2人に回転弾倉式拳銃で弾丸を複数発発射。幹部に1発を命中させ、腹部に3カ月以上の重傷を負わせたとしている。組員には弾は当たらず、けがはなかった。

 岸本容疑者は事件の約30分後、同市内の路上に止めた車内で回転式拳銃1丁を所持したとして、銃刀法違反容疑で逮捕されていた。

 県警は岸本容疑者が銃弾を発射したとみて捜査。防犯カメラの画像などから、共犯者として山根容疑者が浮上した。県警は2人の認否は明らかにしていないが、組織的な犯行とみて調べを進める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ