PR

ニュース 社会

手に拳銃、男性死亡 福岡の山道、自殺可能性

 18日午前5時5分ごろ、福岡県広川町水原の山道で、近くの自営業の男性(46)が拳銃のようなものを手に持ったまま死亡しているのを、福岡県警八女署員が見つけた。右のこめかみに傷があり、同署は拳銃自殺の可能性もあるとみて調べている。

 同署によると、男性はあおむけに倒れていた。同日午前1時ごろ、男性の知人から署に「電話で話していたら内容がおかしかった」と相談があり、署員が捜していた。男性は知人との電話で「お世話になりました」と話したという。

 遺書は見つかっていない。県警は銃の入手経路などを調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ