PR

ニュース 社会

松井市長、関電提訴を評価「内容精査し決める」

松井一郎・大阪市長
松井一郎・大阪市長

 関西電力の筆頭株主である大阪市の松井一郎市長は16日、提訴について「関電の内向きな体質にメスを入れようという、新経営陣の判断を評価する」と述べた。大阪府庁で記者団の取材に答えた。松井氏は関電に対し、「徹底して体質改善をしてもらいたい」と改めて強調。市が検討している株主代表訴訟については、「旧経営陣が株主の利益を毀損(きそん)させたかどうかが争点になる」とし、「今回の訴訟が同じ(趣旨)であれば株主としては納得できるので、二重に訴訟する必要はない。内容を精査した上で決めたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ