PR

ニュース 社会

自民・菅原氏「公選法に触れる事案あった」 香典問題を謝罪

記者会見中、汗をぬぐう菅原一秀前経済産業相=16日午後、東京・永田町の自民党本部(酒巻俊介撮影)
記者会見中、汗をぬぐう菅原一秀前経済産業相=16日午後、東京・永田町の自民党本部(酒巻俊介撮影)

 公設秘書が地元有権者に香典を渡していたとして、昨年10月に経済産業相を辞任した菅原一秀衆院議員は16日、自民党本部で記者会見し、「一部、公職選挙法に触れる事案があった」と認め、謝罪した。その上で「原点に戻って法令順守を徹底した上で、国家国民のために精進させていただきたい」と述べた。

 菅原氏は、関係者の葬儀の9割は自身が出席していたものの、海外出張などの場合は秘書に代行させていたと説明した。「社会的な儀礼の範囲の中で香典を渡したりしてきたが、法律上、本人が渡す場合に限って適法ということなので、本当に深く反省している」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ