PR

ニュース 社会

九州南部で大雨 各地で再び厳しい暑さ

 梅雨前線の停滞で15日は九州南部で大雨となり、鹿児島県霧島市では午前中に半日の雨量が148ミリに達した。九州南部は引き続き16日朝まで前線の影響を受ける見通し。一方、沖縄から東北は高気圧に覆われて気温が上昇。栃木県佐野市や静岡市駿河区で35・8度を観測し猛暑日となった。

 気象庁によると、15日は宮崎県日南市で1時間に52ミリの非常に激しい雨が降ったほか、鹿児島県志布志市でも39・0ミリの激しい雨を観測した。

 最高気温は他に茨城県古河市や群馬県館林市で34度を超え、埼玉県越谷市、和歌山県新宮市などで33度を超えた。東京都心部も32・6度で、今年一番の暑さになった。

 16日も東日本や西日本は晴れる地域が多く、こまめな水分・塩分補給や空調の利用、屋外で周囲の人と十分な距離を保てるならマスクを外すなどの熱中症対策が必要だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ