PR

ニュース 社会

架空の資金提供偽り詐欺 男3人逮捕、総額30億円超か

神奈川県警
神奈川県警

 架空の資金を提供すると語り、男性から現金1億3千万円をだまし取ったとして、神奈川県警捜査2課は11日、詐欺の疑いでいずれも無職、武藤薫容疑者(66)=東京都港区海岸、飯田正志容疑者(79)=同中央区日本橋浜町、五十嵐文昭容疑者(59)=同あきる野市秋川=の3人を逮捕した。認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は共謀のうえ、平成29年9月、神奈川県内に住む会社役員の70代男性に、実際は存在しない「基幹産業育成資金」と称する資金を2800億円提供できるなどと嘘を言い、そのためには種々の費用が必要だとして、男性から現金1億3千万円をだまし取ったとしている。

 同課によると、3人は同資金について、男性に「終戦後にGHQが接収し、いまは日本国の基幹産業に投資するおカネとして運用されている」などと語り、信じ込ませていた。逮捕容疑の1億3千万円はだまし取られた一部で、男性は30年12月までに計10回、指定の口座に現金を振り込み、全体の被害額は約31億5千万円に達するという。だまされたことに気付いた男性が令和元年5月、県警に告訴状を提出し、被害が発覚した。

 捜査関係者によると、3人はだまし取った現金を海外旅行やほかの投資につぎ込んでいたほか、主犯格とみられる武藤容疑者は、自身が居住する富裕層向けの賃貸高層マンションの家賃にも充てていたという。県警はほかにも事件にかかわった者がいるとみて捜査を進める方針。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ