PR

ニュース 社会

大雨に注意 前線停滞、関東甲信では非常に激しい雨も

梅雨前線の影響で、12日から13日にかけ大雨が予想される (写真は11日、東京・渋谷)
梅雨前線の影響で、12日から13日にかけ大雨が予想される (写真は11日、東京・渋谷)

 気象庁は12日、梅雨前線が停滞する影響で、13日にかけて東日本から西日本にかけて大気の状態が不安定になるとして、大雨や雷、激しい突風に注意を呼び掛けた。関東甲信では12日午後、非常に激しい雨となる場所がありそうだ。

 気象庁によると、東シナ海から東北にかけて延びる梅雨前線は12日、次第に南下。13日にかけて東日本から西日本付近に停滞する。暖かく湿った空気が入るため、前線の活動は活発なままで、大気が不安定になる。

 13日午前6時まで24時間の予想雨量はいずれも多い所で、関東甲信80ミリ、東海50ミリ。黒い雲が近づいたり、急に冷たい風が吹いたりするなど発達した積乱雲が接近する恐れがある場合は、建物内に逃げるよう求めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ