PR

ニュース 社会

<独自>あおり運転、ガスガン発射 埼玉県警が捜査

軽乗用車の窓を開けてガスガンのようなものを向ける男=4日午後、埼玉県越谷市(被害者提供)
軽乗用車の窓を開けてガスガンのようなものを向ける男=4日午後、埼玉県越谷市(被害者提供)

 埼玉県越谷市の国道4号で4日、軽乗用車を運転中の男が他の車両へのあおり運転をした上、ガスガンのようなものを発射していたことが5日、県警越谷署などへの取材で分かった。署は、被害者から提出されたドライブレコーダーの映像を分析し、暴行容疑などでの立件を視野に捜査している。

 署などによると、4日午後4時半ごろ、男の軽乗用車が被害者の乗用車の前に突然割り込んで減速し、男は車の窓を開けてガスガンのようなものを発射した。

 その後、男は約1・4キロに渡って蛇行運転などを繰り返しながら発射を続け、停車して被害者に怒声を放った後に車で走り去った。被害者にけがはなかった。

 5日には、危険運転の適用範囲を拡大する改正自動車運転処罰法が参院本会議で全会一致で可決、成立した。被害者は5日、産経新聞の取材に「法改正もされるので同じような被害が減ってほしい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ