PR

ニュース 社会

障害者支援施設で通所者に暴行疑い 職員を逮捕

 障害者支援施設に通う中学2年の男子生徒(13)を殴るなどしたとして、茨城県警は2日、暴行の疑いで同県那珂市福田、施設職員、本庄健一容疑者(62)を逮捕した。県警によると、本庄容疑者は施設の管理責任者の一人で、容疑を否認している。

 逮捕容疑は4月16日午後0時50分ごろ、那珂市福田の障害者支援施設で、男子生徒の頭を殴ったり、太ももを蹴ったりした疑い。

 県警によると、関係者から4月下旬、「入所している方が暴行を受けている」との相談が那珂署にあった。男子生徒が暴行を受ける様子の写った動画などを押収した。

 この施設は当時約30人が利用しており、県警は、日常的な暴行の有無や、他の通所者に被害がなかったかも調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ