PR

ニュース 社会

額縁に仕込んだカメラで隠し撮り 大阪の男を書類送検

カメラが細工された市販の額縁。表はマジックミラーになっている=大阪市中央区
カメラが細工された市販の額縁。表はマジックミラーになっている=大阪市中央区
その他の写真を見る(1/2枚)

 ナンパした女性をホテルに連れ込み、額縁に仕込んだカメラで隠し撮りしたわいせつな動画をインターネット上に公開したなどとして、大阪府警南署は1日、わいせつ電磁的記録媒体陳列などの疑いで、大阪市西成区のアルバイトの男(35)を書類送検した。

 書類送検容疑は昨年7月、同市中央区のホテルで隠し撮りした女性の動画を動画共有サイトに投稿したなどとしている。同署によると、動画は有料でダウンロードでき、男は「金もうけがしたかった。30人以上を撮影し、20本の動画で160万円稼いだ」と供述している。

 男は平成30年秋ごろからナンパした女性を予約しているホテルに連れ込み、あらかじめ設置してあったカメラで自身との性行為などを撮影。カメラは、外からは絵画の額縁にみえるように細工していた。

 昨年7月、部屋にカメラを置き忘れているのをホテル側が発見し、「変な額縁があり、中にカメラが入っている」と同署に通報。犯行が発覚した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ