PR

ニュース 社会

コロナ休業中のガールズバーで金庫盗む、容疑で男再逮捕 警視庁

 新型コロナウイルスの影響で休業中のガールズバーに侵入し、現金入りの手提げ金庫を盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗容疑などで、東京都多摩市桜ケ丘、無職、登(のぼり)正太郎被告(40)=別店舗での窃盗罪などで起訴=を再逮捕した。調べに対し、「生活費や遊興費ほしさにやった」と容疑を認めている。

 捜査3課によると、ガールズバーは3月末から営業を自粛しており、事件当日に店長が店を訪れて被害が発覚。昨年8月以降、多摩市周辺の飲食店などを狙った窃盗事件が約30件相次いでおり関連を調べている。

 再逮捕容疑は4月20日早朝、多摩市関戸のガールズバーにドアの鍵を壊して侵入し、現金約5万7千円入りの手提げ金庫を盗んだとしている。

 登容疑者は3月に同市内の美容室で現金約16万円を盗んだとして、今月5日に窃盗容疑などで逮捕されていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ