PR

ニュース 社会

「右腕に火、逃げた」京アニ事件容疑者やけど想定外か

青葉真司容疑者
青葉真司容疑者

 36人が死亡、33人が負傷した京都アニメーション放火殺人事件で、殺人や現住建造物等放火などの疑いで京都府警に逮捕された青葉真司容疑者(42)が、同社第1スタジオにガソリンをまいて火をつけたときのことを「自分の右腕に火がついたので外に出た」という趣旨の供述をしていることが29日、捜査関係者への取材で分かった。府警は、青葉容疑者がガソリンを使った放火にもかかわらず大きなやけどを負うことを想定しておらず、驚いて外に出たとみている。

 青葉容疑者は昨年7月18日午前10時半ごろ、京都市伏見区にある鉄筋コンクリート3階建ての第1スタジオに侵入。1階にガソリンをまき火をつけて全焼させ、建物内にいた社員36人を殺害し、34人を殺害しようとしたなどとして逮捕された。

 青葉容疑者は逮捕時、府警から36人という死者数を知らされ、「犠牲者は2人くらいだと思っていた」と供述していた。捜査関係者によると、青葉容疑者は1階に火をつけた際、少なくとも3~4人の社員の存在しか確認していなかったといい、2、3階の被害については予測していなかった可能性がある。

 また、青葉容疑者が、自宅のあるさいたま市から包丁を持参し、「当初は包丁で襲おうと考えていた」と供述していることも判明。逮捕後に「ガソリンを使えば多くの人を殺害できると思った」と供述していることから、府警は途中で襲撃方法を変更したとみて、詳しく調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ