PR

ニュース 社会

「給付金早く」とナイフ 銃刀法違反容疑で男逮捕

 茨城県警古河署は28日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う国の特別定額給付金に関し、「早く持ってこい」とナイフなどを持って古河市職員を脅したとして、銃刀法違反(所持)と職務強要の疑いで、古河市中田、無職、坂輪清彦容疑者(47)を逮捕した。署によると容疑を否認している。

 逮捕容疑は25日午後1時35分ごろ、自宅を訪れていた男性職員(44)に果物ナイフとはさみを見せ、給付金を早期に支給するよう脅迫したとしている。

 古河市役所によると、坂輪容疑者は同日午前、「申請してるんだから早く支給してくれ」と来庁。職員2人が説明のため自宅を訪れた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ