PR

ニュース 社会

女子生徒に首輪 学習塾元経営者に懲役2年

 経営していた学習塾で教え子の女子生徒に犬の首輪をつけて監禁したとして、逮捕監禁罪に問われた元経営者、伊藤耕司被告(62)=奈良市藤ノ木台=の判決公判が26日、奈良地裁で開かれ、田中良武裁判官は懲役2年(求刑懲役3年)を言い渡した。

 判決理由で、田中裁判官は「優越的な立場を利用した卑劣で計画的な犯行」と指摘。「自らの加虐的な趣味を満たすために行為に及んでおり、執行猶予を選択できる事案ではない」と断じた。

 判決などによると、伊藤被告は昨年11月17日午後1時~4時20分ごろ、自身が経営する奈良市の塾の教室で、10代の女子生徒の首と両足首に犬用の首輪をつけた状態で指導。首輪同士を金属製のリードでつなぐなどし、女子生徒が「死ぬからやめて」と訴えても、やめなかった。

 伊藤被告は同年10月下旬ごろに犬用の首輪を購入後、女子生徒を「補習」名目で呼び出し、課題を達成できなかった「ペナルティー」として首輪をつけて引っ張るなどの行為を繰り返していた。伊藤被告は公判で、犯行に及んだのは「悪ふざけがエスカレートした。自身の嗜好(しこう)が出た」などと述べていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ