PR

ニュース 社会

兵器転用可能装置を韓国へ不正輸出容疑 会社社長ら再逮捕

警視庁=東京都千代田区霞が関
警視庁=東京都千代田区霞が関
その他の写真を見る(1/2枚)

 生物兵器などに転用が可能な噴霧乾燥装置「スプレードライヤー」を中国に不正に輸出したとして、外為法違反(無許可輸出)容疑で横浜市の精密機械製造会社「大川原化工機」社長、大川原正明被告(71)=同罪で起訴=ら同社の3人が逮捕された事件で、警視庁公安部は26日、韓国にも同種の装置を輸出したとして、3人を同容疑で再逮捕した。認否は明らかにしていない。

 再逮捕容疑は、平成30年2月21日、経済産業省の許可を得ず、自社製スプレードライヤー(輸出価格約800万円)を韓国の大手化学製品メーカーに輸出したとしている。

 同社から第三国への転売は確認されていない。

 公安部は今年3月、同種のスプレードライヤーを中国・上海に不正に輸出したとして3人を逮捕。他国にも輸出した疑いがあるとみて裏付けを進めていた。

 外為法は大量破壊兵器などへの転用が可能な製品や技術をリスト化し、輸出時に経産相の許可を得ることを義務付けており、スプレードライヤーは平成25年に規制対象になった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ