PR

ニュース 社会

遺骨取り違えで厳重注意 厚労省、審議官ら11人

厚生労働省=東京都千代田区(納冨康撮影)
厚生労働省=東京都千代田区(納冨康撮影)

 ロシアなどで収集した戦没者遺骨の取り違え問題で、厚生労働省は22日、遺骨が日本人ではない可能性を専門家から指摘されながら適切な対応をしなかったなどとして、当時の担当審議官ら11人を厳重注意処分とした。

 厚労省によると、内訳は当時の審議官4人、課長級4人、室長級3人。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ