PR

ニュース 社会

「コロナで働けない」女性刺傷容疑の男、路上強盗の疑いも

 横浜市旭区で4月、アパートを内覧案内中の女性(23)を包丁で刺して重傷を負わせるなどして強盗殺人未遂容疑で逮捕された男が、別の路上強盗事件にも関与したとして、神奈川県警捜査1課は16日、強盗致傷の疑いで住所不定の無職、西山優希容疑者(25)を再逮捕した。容疑を大筋で認めている。

 再逮捕容疑は4月25日午前0時25分ごろ、同市中区桜木町の歩道で、女性会社員(24)の背後から刃物のようなものを押し当て、「騒ぐな、殺すぞ」などと脅迫。約260メートル先の路上で通行人に助けを求めた女性会社員を押し倒して逃走し、女性の頭に軽傷を負わせたとしている。

 西山容疑者は事件の約16時間後、同市旭区のアパート室内で、不動産会社員の女性の背中を包丁で刺し、現金数千円が入ったバッグや車の鍵を奪って逃走。同月26日に逮捕されていた。これまでの調べに「新型コロナウイルスの影響で働けなくなった。金がほしかった」などと供述していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ