PR

ニュース 社会

阿蘇山で火山活動が高まる 気象庁、注意呼び掛け

 気象庁は16日、熊本県・阿蘇山で同日朝から火山性微動の振幅が次第に大きくなるなど火山活動が高まっているとして、注意するように呼び掛けた。噴火警戒レベル2の「火口周辺規制」を継続している。

 阿蘇山の中岳第1火口では、今年1月に発生した噴火が続いているもよう。火口から約1キロ圏では、既に立ち入り規制を敷いている。

 今後、さらに火山活動が高まれば噴火警戒レベル3の「入山規制」に引き上げる可能性もあり、気象庁は「火山活動の状況に変化があった場合には随時発表する」と説明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ