PR

ニュース 社会

覚醒剤密輸疑いで女子大生逮捕 新型コロナで一時帰国

米国から密輸されたとみられる錠剤型の覚醒剤=15日、東京都江東区
米国から密輸されたとみられる錠剤型の覚醒剤=15日、東京都江東区

 覚醒剤が入った米国からの国際郵便を受け取ったとして、警視庁組織犯罪対策5課などは、麻薬特例法違反(規制薬物所持)容疑で自称大学生、金沢恵美里容疑者(22)を現行犯逮捕した。金沢容疑者は米国の留学先から新型コロナウイルスの影響で一時帰国したと供述。「(郵便の)中身は知らなかった」と容疑を否認している。

 組対5課によると、7日に東京税関の国際郵便の検査で、ポリ袋に入れられピーナツバターの瓶の中に隠されていた錠剤の覚醒剤90錠が見つかった。税関と協力し、中身をすり替えて捜査していたという。

 国際郵便の届け先は、東京都渋谷区広尾の親名義のマンション一室で、宛名は偽名とみられる別人の名前だったが、金沢容疑者は13日、「自分のものだ」として荷物を受け取ったという。マンションの捜索では注射器も見つかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ