PR

ニュース 社会

1都9県で空き巣疑い、被害1億5千万円超 韓国籍の男を追送検

埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)
埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)

 埼玉県警捜査3課は14日、東京、千葉、埼玉など1都9県で空き巣を繰り返したとして、窃盗と住居侵入の疑いで、韓国籍の埼玉県川口市幸町、無職、キム・サンベ被告(36)=窃盗罪などで起訴=をさいたま地検に追送検し、捜査を終結したと発表した。

 県警は204件の空き巣についてキム容疑者の関与を確認しており、被害総額は約1億5500万円に上るとみている。

 追送検容疑は、平成29年1月から昨年11月までに、千葉市花見川区の民家など198カ所に侵入し、現金約6千万円や貴金属など1762点(時価計約3千万円相当)を盗んだとしている。容疑を否認しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ