PR

ニュース 社会

キャンプ参加の男児に性的暴行容疑、元ベビーシッターの男を再逮捕

 キャンプに参加した男子小学生に性的暴行を加え、その様子を撮影したとして、警視庁捜査1課は13日、強制性交と児童買春・ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)容疑で、住所不定、元ベビーシッター、橋本晃典容疑者(29)=別の男児への強制わいせつ容疑で逮捕、処分保留=を再逮捕した。調べに黙秘している。

 再逮捕容疑は昨年6月30日午前1時ごろ、東京都内のキャンプ場のテント内で、キャンプに参加していた小学校中学年の男子児童に性的暴行を加え、その様子をスマートフォンで動画撮影したとしている。

 捜査1課によると、橋本容疑者は小中学生を対象としたNPO法人主催のキャンプにボランティアで参加。犯行当時、テント内には橋本容疑者が担当していた班の児童6~7人が寝ていたという。

 橋本容疑者はキャンプ中の男子小学生2人に性的暴行を加えたとして、神奈川県警が2度にわたり強制性交容疑で逮捕。昨年11月にはシッター中に男児の体を触ったとして、警視庁が4月に強制わいせつ容疑で逮捕していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ