PR

ニュース 社会

女性に体液、海自1尉を停職4カ月 神奈川・横須賀

 海上自衛隊横須賀地方総監部(神奈川県横須賀市)は11日、京急電鉄横浜駅構内で女性の衣服に体液をかけたとして、県警戸部署に暴行容疑で現行犯逮捕された海洋業務・対潜支援群司令部所属の内藤祐一1等海尉(48)を、停職4カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 同総監部によると、内藤1尉は昨年9月2日、駅構内の上りエスカレーターで、注射器に入れた体液を前に立っていた女性の衣服にかけた。「衝動が抑えられなくなった」と話している。

 また、同総監部は11日、内藤1尉と同じ司令部の40代男性幹部自衛官が、部下の胸ぐらをつかんで投げ倒すパワハラをして打撲のけがを負わせたとして、停職15日の懲戒処分にしたと発表した。

 自衛官は1~3等海佐のいずれかの「佐官」としたが、「個人が特定される恐れがある」として、具体的な階級を明らかにしていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ