PR

ニュース 社会

飲酒、全日空に改善命令へ 昨年11月福岡発で発覚

 国土交通省は1日、全日空の男性機長=懲戒解雇=から昨年11月にアルコールが検出された問題に関し、同社に対し航空法に基づく事業改善命令を出す。関係者への取材で分かった。航空各社で平成30年以降に相次いだ飲酒不祥事で全日空への改善命令は初めて。日航は2度出ている。改善命令は事業許可取り消し、事業停止命令に次ぐ重い行政処分。

 機長は昨年11月7日、福岡発羽田行きの便に乗務する予定だった。アルコール検出で別のパイロットに交代したため、後続などの計4便に最大1時間13分の遅れが出て約2千人に影響した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ