PR

ニュース 社会

オブジェ火災、死亡男児の両親が提訴 出展大学と主催会社に1・2億円賠償請求

 東京都新宿区の明治神宮外苑で平成28年11月、アートイベントで展示されていた木製のジャングルジムのオブジェが燃え、遊んでいた港区の男児=当時(5)=が死亡した火災で、男児の両親らが、出展した日本工業大(埼玉県宮代町)やイベントの主催会社を相手取り、計約1億2千万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 火災は28年11月6日、「東京デザインウイーク2016」の会場で発生。同大の学生が大量の木くずで装飾されたオブジェ内に投光器の白熱電球を点灯したまま放置し、約35分後に出火したとされる。

 両親の代理人によると、遺族側は学生らが出火の危険性を予見でき、指導教員も投光器を点灯させないよう指導する注意義務があったと主張。主催会社も入場者の安全に配慮する義務を怠ったと訴えている。

 火災をめぐっては、東京地検が重過失致死傷罪で学生2人を在宅起訴。教員と同社社長ら4人も業務上過失致死傷容疑で書類送検されたが、不起訴となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ