PR

ニュース 社会

特殊詐欺5億4千万円超 都内3月、コロナ電話も

 警視庁が3月の1カ月間に東京都内で認知した特殊詐欺被害は299件(前月比54件増)、約5億4184万円(同約1億2213万円増)に上ることが24日、同庁犯罪抑止対策本部のまとめで分かった。新型コロナウイルスに便乗した詐欺電話は3月7日~4月24日の間に15件確認しており、同本部は警戒を強化している。

 コロナ感染拡大に乗じた詐欺では、西東京市の70代の女性宅に4月22日、「東京都コロナ対策本部」を名乗る男から「コロナ給付金10万円が出ます。市役所の職員が書類を持って行くので、いつがいいか」と電話があった。伊豆諸島の三宅村では同日、70代女性が自宅の電話に出ると「コロナの関係で国民に10万円が振り込まれる。代行サービスをやっている」と女の声で自動音声が流れた。

 同本部は「給付のため市区町村や警察の職員が戸別訪問や電話をすることは一切ない」と注意を呼び掛けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ