PR

ニュース 社会

新型コロナ争点の和歌山・白浜町長選告示、マスクで演説

人影がまばらな中で行われた和歌山県白浜町長選の候補者の第一声=21日、同町内(一部画像を処理しています)
人影がまばらな中で行われた和歌山県白浜町長選の候補者の第一声=21日、同町内(一部画像を処理しています)

 任期満了に伴う和歌山県白浜町長選が21日、告示された。いずれも無所属で、新人の元参院議員、大江康弘氏(66)▽3選を目指す現職の井澗誠氏(65)=自民、公明推薦▽新人の元衆院議員、玉置公良氏(65)-が立候補し、三つどもえの選挙戦がスタートした。町主要産業の観光業が打撃を受けている新型コロナウイルスへの対応が最大の争点で、各候補はコロナ対策などを訴えた。26日に投開票される。

 大江氏は、立候補の届け出受け付けが行われた白浜会館前で出発式。町資産を担保に金融機関から借り入れた資金を使い、観光産業などに無利子無担保で融資する政策を掲げている。

 井澗氏は選挙事務所前で第一声。50%引きの宿泊プランや30%上乗せの商品券など約1億4千万円の経済対策を予算化したほか、町の貯金にあたる基金を対策にあてる意向を示す。

 玉置氏は選挙事務所前で出陣式。町内の業者の実態把握のほか、職を失った町民らを町が半年程度、臨時職員として緊急雇用する政策を主張。住民税減免を行う姿勢も見せている。

 20日現在の選挙人名簿登録者数は1万8410人。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ