PR

ニュース 社会

パナの電動自転車で発火など事故37件 バッテリー34万6千個無料交換

交換対象のバッテリーが使われているパナソニックの電動アシスト自転車
交換対象のバッテリーが使われているパナソニックの電動アシスト自転車

 パナソニックは21日、電動アシスト自転車用のバッテリーが発火する恐れがあるとして、平成24年10月から26年12月にかけて製造した34万6291個のバッテリーを無料で交換すると発表した。同社が電動自転車用バッテリーを交換するのは、27年7月と28年9月に計6万2856個の回収を発表して以来となる。

 回収対象のバッテリーで、27年11月から今年2月までにケースが溶けるなど計37件の事故が確認され、このうち16件が周囲を焼くなどした。利用者がけがをするなどの人的被害の報告はない。

 同社によると、原因はバッテリーパックの設計ミスで、内部の空気に含まれる水分の影響でショートを起こしたとみられる。

 回収対象の内訳は自転車に搭載して販売したものが約31万6千個、交換用が約3万個。品番は最初の「NKY」と末尾3字の「B02」が同じで、間に「449」から「514」まで21種類の数字が入る。

 問い合わせはフリーダイヤル0120・870・355。5月20日までは毎日午前9時から午後9時まで受け付け、その後は受付時間などを短縮する。同社ホームページでも受け付ける。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ