PR

ニュース 社会

他人のタイヤをパンクさせる 仙台市立中学の教諭を逮捕 余罪複数か

教諭の逮捕を受けて開かれた会見で陳謝する仙台市の谷田至史教育人事部長(左)ら=16日、仙台市役所(塔野岡剛撮影)
教諭の逮捕を受けて開かれた会見で陳謝する仙台市の谷田至史教育人事部長(左)ら=16日、仙台市役所(塔野岡剛撮影)

 他人の車のタイヤをパンクさせたとして、宮城県警大和署は15日、器物損壊の疑いで仙台市立館中学校の教諭、門脇智容疑者(56)=富谷市=を逮捕した。調べに対し、容疑を認めている。門脇容疑者の逮捕を受けて仙台市は16日、会見を開き、谷田至史教育人事部長は「(新型コロナウイルスの感染拡大による臨時休校で)学校が正常に運営されない中でこのような事態となり、地域の方々に申し訳ない」と陳謝した。

 逮捕容疑は4日から6日までの間、同県富谷市内で女性(27)のタイヤ1本をパンクさせたとしている。同市内では同様の事案が数件確認されており、同署は余罪があるとみて調べている。

 仙台市によると、門脇容疑者は同校で社会科を担当。谷田部長は「本人と確認の上、今後処分の内容を検討する」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ