PR

ニュース 社会

陽性と陰性、検体取り違え 神奈川県衛生研究所が謝罪

検体取り違えについて謝罪する神奈川県衛生研究所の高崎智彦所長(奥)ら=15日夜、神奈川県庁
検体取り違えについて謝罪する神奈川県衛生研究所の高崎智彦所長(奥)ら=15日夜、神奈川県庁

 神奈川県は15日夜、県衛生研究所(同県茅ケ崎市)が、新型コロナウイルスの陽性と陰性の検体を取り違え、間違った検査結果を伝達するミスがあったと発表した。

 県によると、検体はそれぞれ13日に同研究所に持ち込まれ、14日にPCR検査を実施。その際、陽性の検体と陰性の検体と取り違えた。職員が、検体の識別番号の「8」と「9」の数字を見誤ったことが原因と考えられるという。

 結果を伝達した医療機関から、取り違えの可能性を指摘する問い合わせがあり、再検査した結果、ミスが発覚。その後、正しい結果を再度通知した。

 県によると、本来陽性の女性は県内に居住。発症後、自宅療養しており、感染拡大の恐れはないとしている。一方、本来陰性の女性は、施設に入所する高齢者で、別の病気により12日に病院に搬送され、15日に死亡した。県は、陽性と伝えたために、女性の臨終の際、家族が立ち会うことができなかったことを明らかにした。

 県は同日、記者会見を開き、同研究所の高崎智彦所長が「取り違えの原因を検証し、再発防止の徹底を図る」などと述べ、謝罪した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ