PR

ニュース 社会

東日本や東北で暴風恐れ 海は大しけ、警戒を

雨の降る甲子園球場=兵庫県西宮市(水島啓輔撮影)
雨の降る甲子園球場=兵庫県西宮市(水島啓輔撮影)

 気象庁は13日、発達中の低気圧の影響で西日本と東日本、東北で14日朝にかけて非常に強い風が吹き、海は大しけとなるとして警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、前線を伴った低気圧が関東沿岸から東北東へ進み、別の低気圧が東海沿岸から東に進んでいる。低気圧や前線に暖かく湿った空気が流れ込み、東日本を中心に大気の状態が非常に不安定になっている。

 14日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、関東甲信、四国25メートル(35メートル)、東北、中国、九州南部23メートル(35メートル)、伊豆諸島、北陸、東海、近畿、九州北部20メートル(30メートル)。波の高さは関東、小笠原諸島7メートル、東北、伊豆諸島、北陸、近畿、中国6メートル。

 13日には三重県尾鷲市で24時間降水量が300ミリ、鳥取市で200ミリを超え、それぞれ4月の最高記録を更新した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ