PR

ニュース 社会

発熱者は航空便利用の自粛を 赤羽国交相が呼び掛け

参院予算委員会で答弁を行う赤羽一嘉国交相=3月23日午前、参院第1委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会で答弁を行う赤羽一嘉国交相=3月23日午前、参院第1委員会室(春名中撮影)

 赤羽一嘉国土交通相は10日の記者会見で、地方への新型コロナウイルス感染拡大防止のため、発熱などの症状がある人は航空便利用を控えるよう呼び掛けた。羽田空港に近くサーモグラフィーを設置し、搭乗者の検温を始めることも表明。羽田のほか、緊急事態宣言の対象地域である7都府県内の別の空港にも同様の措置を広げることを検討する。

 赤羽氏は、特に7都府県内の空港利用を念頭に「地方への不要不急の移動を控えてほしい」と強調した。

 北海道の鈴木直道知事が9日、緊急事態宣言の対象地域の空港や駅で、利用客に他地域への移動自粛を呼び掛けるよう国に要請。沖縄県の玉城デニー知事も県外からの訪問自粛を訴えていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ