PR

ニュース 社会

暴力団最少2万8千人 山口組対立は「終結せず」

神戸山口組本部に「特定抗争指定暴力団」であることを示す標章を張り付ける兵庫県警の捜査員。手前は立ち会いの組関係者=1月7日午前、神戸市
神戸山口組本部に「特定抗争指定暴力団」であることを示す標章を張り付ける兵庫県警の捜査員。手前は立ち会いの組関係者=1月7日午前、神戸市

 全国の暴力団構成員や準構成員らの数は昨年末時点で前年比2300人減の2万8200人で過去最少だったことが2日、警察庁のまとめで分かった。15年連続の減少で、暴力団排除対策が社会に広がり資金獲得活動が困難になっているとみられる。内訳は構成員1万4400人、準構成員らが1万3800人。

 一方で山口組と神戸山口組の対立が続いており、両組の抗争関連とみられる事件は13件発生。愛知や兵庫など6府県の公安委員会は1月、暴力団対策法に基づき両組を「特定抗争指定暴力団」に指定した。警察庁の担当者は「指定後の対立はやや落ち着いてみえるが終結に向けた動きはない。引き続き抗争の抑止に努める」と警戒している。

 警察庁によると、構成員と準構成員らを合わせた団体勢力別では山口組が8900人で全体の31・6%を占め、平成27年に分裂した神戸山口組が3千人(10・6%)、神戸から派生した任侠(にんきょう)山口組(絆会に名称変更)は610人(2・2%)。住吉会は4500人(16・0%)、稲川会は3400人(12・1%)だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ