PR

ニュース 社会

滋賀患者死亡 県警「真摯に受け止める」も謝罪はなく

 滋賀県東近江市の湖東記念病院で平成15年、男性患者=当時(72)=の人工呼吸器を外し殺害したとして殺人罪で懲役12年が確定、服役した元看護助手の西山美香さん(40)の再審公判で31日、大津地裁が無罪判決を言い渡したことを受け、滋賀県警の担当者は報道各社の取材に「真摯(しんし)に受け止め、今後の捜査に生かしてまいりたい」と述べた。

 担当者は判決について「評価する立場にはない」としつつ、「問題点のある違法な捜査だったとは思えない」との見解を示した。

 報道陣からは「今でも西山さんを犯人だと思っているのか」「冤罪(えんざい)ではないという認識か」などの質問も相次いだが、「コメントは差し控える」とした。

 また、大津地検の山上真由美次席検事は産経新聞の取材に「結果として西山さんが長年にわたって服役された後、再審で無罪判決に至ったことについては遺憾」などと話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ