PR

ニュース 社会

キンドル配信停止、アマゾン側勝訴 人気漫画家・佐藤秀峰さんの訴え退ける 東京地裁判決

 米アマゾン・コムの子会社が提供する電子書籍の読み放題サービス「キンドル アンリミテッド」から提供作品を一方的に削除されたとして、人気漫画家の佐藤秀峰(しゅうほう)さんがアマゾン側に約2億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、東京地裁であった。中村心裁判長は「契約書などに、佐藤さん側の求めた通りに配信させる義務を負わせる規定はない」として佐藤さん側の請求を棄却した。

 佐藤さんは「ブラックジャックによろしく」「海猿」などの作者。読み放題サービスは平成28年8月に始まり、佐藤さん側も「新ブラックジャックによろしく」などを提供した。

 判決や訴状によると、アマゾン側は「28年12月31日までは正規の対価にロイヤルティーを上乗せして支払う」と佐藤さん側に申し出た後、上乗せ期間を短縮したいと要求。佐藤さん側が応じなかったところ、同年9月に作品を削除した。29年1月から配信を再開させた。

 アマゾン側は訴訟で「配信しなかったのは裁量の範囲内」と主張していた。

 サービスをめぐっては、大手出版社の書籍なども配信を停止され、講談社が抗議声明を出すなど異例の事態となっていた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ