PR

ニュース 社会

関東甲信、花冷えの雪 路面凍結や着雪に警戒

雪が積もった国立競技場付近=東京都新宿区(長尾みなみ撮影)
雪が積もった国立競技場付近=東京都新宿区(長尾みなみ撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 29日の関東甲信は厳しく冷え込み、各地で季節外れの雪が降った。同日昼すぎにかけて山沿いを中心に大雪になる恐れがあり、気象庁が路面凍結や電線への着雪、山沿いでは雪崩にも警戒を呼び掛けた。東北も南部を中心に雪が降った。

 気象庁によると、日本の南を東に進んだ低気圧や、上空約1500メートルに0度以下のこの季節としては強い寒気が流れ込んだ影響で天候が崩れた。29日朝には東京都心部で2月上旬並みの0・9度、横浜市中区でも真冬並みの1・5度を観測した。

 30日午前6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で関東北部の山沿い20センチ、甲信15センチ、関東北部の平野部、箱根から多摩地方や秩父地方10センチ、関東南部の平野部5センチ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ