PR

ニュース 社会

捜査書類を虚偽作成疑い 警視庁、警部補を停職処分

警視庁の看板
警視庁の看板

 警視庁は27日、交通事故捜査の書類に虚偽の内容を記載したとして、虚偽有印公文書作成・同行使容疑で大崎署交通課の男性警部補(60)を書類送検し、停職1カ月の懲戒処分とした。警部補は同日付で辞職した。

 警視庁によると、男性警部補は捜査を怠っていたことが上司に発覚するのを恐れ、処理したかのように装うため、平成29年から令和元年にかけて計3回、大崎署内で、捜査状況を管理するための書類に虚偽の内容を記載して交通課長に提出した。

 書類送検容疑は、平成30年12月に東京都品川区内で起きた人身事故の捜査を処理したかのように装うため、昨年6月10日ごろ、「交通事故事件索引簿」と呼ばれる書類に虚偽の日付を記載するなどしたとしている。 警視庁は他2回の虚偽記載も追送検する方針。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ