PR

ニュース 社会

アレフに麻原元死刑囚長男の呼称使用認めず 東京地裁

 オウム真理教の後継団体「アレフ」の催事で名前などを使われ、自己決定権を侵害されたとして、元教祖の麻原彰晃(しょうこう)元死刑囚=執行時(63)、本名・松本智津夫(ちづお)=の長男(27)が、アレフと幹部らに本名や呼称などの使用差し止めと計4千万円の慰謝料を求めた訴訟の判決が25日、東京地裁であった。森田浩美裁判長は、呼称や写真の使用差し止めと100万円の支払いを命じた。

 森田裁判長は、アレフが麻原元死刑囚の考案した長男の呼称「リンポチェ猊下(げいか)」を使い、長男が後継者として教団に復帰することを願う催事を開いたことに対し、「一般人からアレフとの密接な関係を疑われ、社会生活で不利益を被りかねない」として自己決定権や人格権を侵害すると指摘。呼称や写真の使用差し止めを認める一方、本名の使用差し止めは命じなかった。

 アレフ側は「長男は平成26年まで次期教祖として振る舞っていた」と反論していたが、判決は「長男が同年1月以降に複数回アレフに抗議し、関係を否定していた」と退けた。

 判決によると、アレフは長男の申し入れを受けて26年、長男の誕生日を祝う「生誕祭」をしないことを約束。しかし、9カ所の道場で誕生日などに「猊下」の教団復帰を願う催事を開き、長男が同年10月に提訴した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ