PR

ニュース 社会

「違法報酬知っていた」案里氏陣営の車上運動員証言

 昨年の参院選で河井案里氏陣営の車上運動員を務めた女性が産経新聞の取材に応じ、夫の克行氏の選挙でも、案里氏陣営と同様、法定上限(日当1万5千円)を超える違法報酬が支払われていたことを「知っていた」と証言した。

 一方、案里氏陣営の違法報酬については「仕切り役にすべて任せていた」とし、違法性の認識がなかったと主張。ただ、1日3万円の報酬を受け取った際に1万5千円の領収書を2枚提出したといい、「他の陣営の選挙では1枚しか領収書を書かないので、違和感はあった」と明かした。

 女性は案里氏の選挙に参加したのは初めてで、克行氏と長年親交がある車上運動員の仕切り役に誘われたという。報酬を受け取った際、金額が記載された2枚の領収書に住所と氏名を書き込んで押印し、名目は無記載のまま仕切り役に渡したという。

 また、選挙期間中は車上運動員の拘束時間が他陣営と比べて長く、通常では他のスタッフが担当する複数の業務も行ったと説明。「業務はハードで、人員が不足していると感じた」と振り返った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ