PR

ニュース 社会

7割、日本人の可能性低い 戦没者遺骨取り違え検証

 ロシアなどで収集した戦没者遺骨取り違え問題で、厚生労働省の外部有識者による専門技術チームが遺骨計607人分を改めてDNA型鑑定し、約7割が日本人の可能性が低いとする検証結果をまとめていたことが23日、政府関係者への取材で分かった。

 戦没者遺骨収集事業を巡っては、昨年7~9月に日本人のものではない遺骨が含まれている可能性が指摘され、厚労省が検証を開始した。昨年9月、ロシアで収集した597人分が日本人のものではないか、その可能性が高いと専門家から指摘されていたと公表した。

 昨年10月には、省内対応を検証する外部有識者による調査チームと、日本人の遺骨かどうか調べる専門技術チームを設置。その過程で、フィリピンで収集した10人分にも同様の疑いがあると分かり、併せて検証していた。

 調査チームは昨年12月、平成17年から何度も疑いが指摘されていたのに厚労省が放置していたとして「問題意識が低く、引き継ぎや情報共有も不十分だった」とする報告書を公表している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ