PR

ニュース 社会

6歳長男傷害容疑で母逮捕 2年以上意識戻らず、埼玉

埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)
埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)

 埼玉県草加市の自宅で平成29年9月、長男(6)の背中を突き飛ばし、壁に頭をぶつけて意識不明の重体にさせたとして、草加署は22日、傷害容疑で母親の無職、高橋冴季容疑者(27)を逮捕した。長男は現在も入院中で意識が戻っていない。

 長男の体に複数のあざがあったことから、日常的に虐待していた可能性もあるとみて調べる。

 逮捕容疑は29年9月20日午後3時ごろ、自宅で当時4歳だった長男の背中を突き飛ばし、壁にぶつけるなどの暴行を加え、急性硬膜下血腫の傷害を負わせた疑い。

 草加署によると、高橋容疑者は「おねしょをしたことを注意しても話を聞かず謝らない態度に怒りが抑えられなかった」と話している。高橋容疑者は当時4人家族で、夫と父は外出中だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ